牛赤身スジ肉 1kg【業務スーパー商品レビュー】

IMG_3835-0.jpg

牛赤身スジ肉
内容量 1kg
購入時価格 798円

100gあたり79.8円と牛スジとしてはお手頃な価格。
業務スーパーの冷凍肉ははじめてでしたが、煮込み料理に使いたかったので買ってみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

商品情報 詳細

名称: 牛赤身スジ肉
原産地: オーストラリア
内容量: 1kg
加工者: 株式会社ターメルトフーズ

オーストラリア産の牛肉を、山口県内の工場で加工しているようです。

業務スーパーの牛スジ肉!もしかしてスジの部分少ない?

袋を開けて、半量の500gをお皿に出してみました。

赤い部分が肉、白い部分がスジと脂かなぁと思うのですが…あれ、赤いところ多くないか?

パッケージ裏に、水から茹でて、アクをとって茹でこぼすように書いてあったので、その通りに。

IMG_3871.JPG

なんか…少なくなった?

もしかすると、白く見えていたところは脂身がほとんどで、茹でこぼししたことでその部分が流れ去ったのかもしれませんね。
かといって下茹でしないと臭みがとれないし、難しいところ。

この商品を買ったのは今回がはじめてなので、多少ばらつきがあるのかもしれませんが、「牛赤身スジ肉」というわりには、牛スジのコリコリした部分(煮たらトロットロになる部分)は多くないようです。

この日はこの牛スジと、業務スーパーで買ったつきこんにゃくを使って牛スジこんを作りました。

赤身肉が多かったこともあり、部分的にパサついてしまいました。
スジと思しき部分はちゃんとトロッと仕上がっていて、とくに臭みも感じなかったので、肉として問題はないと思います。

おすすめ度

スーパーなどで売られている生の牛スジは安くても100gあたり100〜150円くらい。
値段だけなら安いですが、味や食感を考えるとスーパーに軍配が上がります。

下処理の手間も生肉と変わらないので、この値段ならば冷凍でなくてもいいかなぁ。

もっと安くなるか、煮込みで大量に使うようなことがあれば、再購入するかもしれません。

おすすめ度

おまけ:冷凍牛スジの下処理方法(圧力鍋使用)

パッケージ裏の記載を参考に、圧力鍋を使って下処理をしました。
我が家の圧力鍋は数年前に3000円くらいで安く手に入れたものですが、問題なくやわらかくなりました♪


①鍋に牛スジを入れ、ひたひたになるくらいまで水を入れて火をつけます。

②そのまま10分ほど茹でます。

③ザルに牛スジをあけ、鍋と牛スジとにこびりついたアクをよく洗います。


④圧力鍋に牛スジを入れます。
水をひたひたに入れ、酒やしょうが、ネギの青い部分などを入れてフタをして火にかけます。

⑤圧力鍋に圧がかかってから15分茹で、火を止めます。

圧が下がったらできあがり♪

牛スジをすくいあげて、煮込み料理などに使用してください。甘辛く味付けするのがおすすめです。

また、圧力鍋に残ったスープもぜひ捨てずに活用してください♪

私はシチューにして、スープも牛スジも一緒に使いましたが、おでんにしてもおいしそうです。

今回ご紹介した方法は、生の牛スジの下処理にも使えますので、どなたかの参考になれば幸いです☻

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。